村田 健三郎

村田 健三郎[教授]
専門 / スポーツ生理学,健康科学

村田先生

取材のお問い合わせはこちらへ

研究内容を教えてください

テーマ/生理機能の測定と評価,地域活性化策

生理機能がからだを動かすことによりどのように応答・変化するのか、その原因や理由について分析・解明し、ヒトの生活に活かすことを目的とした応用科学に関する研究。
地域活性化策とスポーツサイエンスが果たす役割についての研究。

専門分野の面白さは?

一文でいうと、
「現場に応用する、応用できることを考え研究すること」
もう少し詳しく言うと・・・
私の研究領域は、ヒトを対象とした自然科学領域の研究手法を用い、その成果をヒトの様々な日常生活に活かすことを意識した応用科学です。そのため、大上段に構えることはありませんが、少しでもヒトにとって有益な情報を提供できないかを考え、研究手法を工夫し研究することが面白さにつながっていると思います。

なぜその分野をご専門として選ばれたのですか?

そもそも競技者を対象とし競技力向上を目指した研究が出発点でしたが、これ自体応用科学の一端であったこと。行なってきた研究手法を労働衛生・産業保健や健康科学に応用する機会を得たこと。この二つが現在につながっていると思います。

政策学部のアピールポイントは何ですか?

学生を中心に教員・事務職員全員がチーム政策としてまとまり、学修・研究をすすめようとする視点を有していること。

京都のおすすめ

観光するに適した場所・歴史的遺産が豊富に存在することなので、特に限定はできません。

好きな本

サイエンスフィクション系

好きな映画

サイエンスフィクションやアクション系

好きな言葉(座右の銘)

実験室に入る際は外套を脱ぐように想像の衣を脱げ、実験室を出た時に外套を着ると同時に再び創造の衣を着けよ。実験にかかる前または実験の合間には想像の衣で身を包むがよい。<クロード・ベルナールのことば、時実利彦著「人間であること」より>


このページのトップへ戻る