大島 堅一

大島 堅一[教授]
専門 / 環境経済学

大島先生

取材のお問い合わせはこちらへ

研究内容を教えてください

テーマ/エネルギー利用を巡る環境問題に関する政治経済学的研究

ずっと、エネルギー利用にかかわる環境問題をめぐる政策課題について研究してきました。特に、気候変動問題、原子力問題(原発の社会的費用)、再生可能エネルギー普及政策です。なかでも原発のコスト論は、福島原発事故以後は研究の最重要課題になっています。

専門分野の面白さは?

環境問題に関連する分野は、常に真剣勝負というところが、怖いところでもあり、やりがいのあるところでもあります。また、エネルギー利用は、経済にとってなくてはならないものである反面、環境に大きな影響を与えます。これを持続可能なものにすることに貢献できるのが魅力です。

なぜその分野をご専門として選ばれたのですか?

学生・院生時代を通して指導教員であった寺西俊一先生に、福井県出身である以上、原子力問題にこだわってはどうかとすすめられたのが直接のきっかけです。それ以後、気候変動問題、原子力問題を研究しています。

政策学部のアピールポイントは何ですか?

最先端の政策に触れながらも、地に足が着いた研究ができるところではないかと思います。

京都のおすすめ

嵯峨野をぜひ探索してみてください。また、京都一周トレイルもお勧めです。

好きな本

都留重人『公害の政治経済学』岩波書店
F.エンゲルス『家族・私有財産・国家の起源』など

好きな映画

「自転車泥棒」、ケン・ローチ監督の映画

好きな言葉(座右の銘)

一期一会


このページのトップへ戻る