大石 尚子

大石 尚子[准教授]
専門 / ソーシャル・イノベーション、農村地域開発、食農政策

大石 尚子

取材のお問い合わせはこちらへ

研究内容を教えてください

食と農を通じたソーシャル・イノベーション(主に農村地域)
オルターナティブ(持続可能)なライフスタイル

専門分野の面白さは?

「人ひとりの思いが社会を変えられる」ことを実体験できる、ということでしょうか。
ソーシャル・イノベーションとは、直訳は「社会的革新」。新たな社会的サービスを創出していくことですが、それまでになかったような新しい方法を用いて、というところがイノベーションといわれる所以です。
一人の人間の社会へ対する思いが人と人とを結びつけ、化学反応を起こして社会を変えていく。そんな社会のダイナミズムに触れることができるのが、この分野の面白さです。
人の暮らしに直結する食農、そしてそれらの源となる農村においては、特にソーシャル・イノベーションが求められていると考えています。

なぜその分野をご専門として選ばれたのですか?

阪神淡路大震災で被災し、大量生産大量廃棄、成長至上主義の世の中に疑問を感じ、消費の対象でしかない衣を、種から育てて自分たちで作るといった「衣の自給自足のすゝめ」などの活動をしていました。そうした活動を理論づけたいという思いから選びました。

政策学部のアピールポイントは何ですか?

学問領域が広く、多様な学問的視点を育むことができる。チーム政策というように、教職員・学生が一体感を持っていること。

京都のおすすめ

市内であれば大原、京都北部も素敵な村がたくさんありますが、深草界隈のお寺は必見です。

好きな本

夏目漱石、ゴーゴリ、コエーリョ

好きな映画

フェデリコ・フェリーニ「道」

好きな言葉(座右の銘)

直耕直衣


このページのトップへ戻る