「地域公共政策士」資格制度について

地域公共政策士とは

「地域公共政策士」は、環境問題や雇用問題、少子高齢化、人口減少、産業衰退といった社会的課題を産官学民の連携のもと解決するため、協働型社会にふさわしいアプローチで地域の公共的活動や政策形成の主導およびコーディネートができる人材「地域公共人材」の能力を保証する地域資格制度です。この地域公共政策士の取組は、京都府内の大学・大学院、自治体、NPO、経済団体等の連携事業「地域公共人材大学連携事業」によって、平成23(2011)年度から本格的にスタートしました。将来的には自治体、NPO、民間企業等での採用活動における能力証明「社会的パスポート」として活用されることが期待されています。

「地域公共政策士」資格制度には、学部レベルで取得できる「初級地域公共政策士」と大学院修士レベルで取得できる「地域公共政策士」の2種類の資格があります。これらの資格を取得するためには、各資格に設けられている資格プログラムから定められたポイントを取得し、認定機関である「一般財団法人地域公共人材開発機構」へ資格付与の申請をする必要があります。

「地域公共政策士」の特長の一つが「アクティブ・ラーニング(AL)」の要素がプログラムに組み込まれている点です。地域活動の現場にチームで入り、地域の課題解決までのプロセスについて学修する課程が用意されています。地域公共政策士プログラムで地方創生が注目されている今、地域の諸課題に取り組み、チームビルディングの経験を有する地域公共政策士の活躍が期待されています。

※AL(アクティブ・ラーニング)とは、教員による一方的な講義形式の教育とは異なり学習者の能動的な学修への参加を取り入れた学習法です。

「初級地域公共政策士」資格教育プログラムについて

政策学部では、「初級地域公共政策士」資格取得にかかる3つのプログラム(「グローカル人材プログラム」については申請中)を開講しています。本プログラムを修了することで、「初級地域公共政策士」資格の取得が可能となります。

環境政策基礎能力プログラム

1. 目的:
環境問題について地球規模かつ地域規模の多面的な視角から学び、実際に展開されている多様なとりくみを検討し、課題解決を地球規模、地球環境で実践的に構想する力の基礎、また課題をめるぐ社会内のコミュニケーションのメカニズムの基礎を学ぶ。
2. 対象:
政策学部2年次生以上、もしくはそれと同等以上の能力があると政策学部が認めるもの。

3. アウトカム(プログラム修了時に獲得することが期待される能力):

到達目標 知識
(knowledge)
技能
(skills)
職務遂行能力
(competence)
  • 地域社会に関する様々な課題に対応するために必要な知識・技能・実践方法を主体的に選択し実行することができる
  • グローバル化する世界と地域社会の関係に関する理解
  • 対象となる課題群の相互関係の把握と分析
  • 地域における複雑な課題群について、その解決に必要な要素の特定と解決のためのプログラムの提示及び運用
  • 対象となる業務の進行に必要な利害関係者間の調整と協働関係の構築
  • 地域社会における特定の計画やプロジェクト策定への主導
  • 課題の解決のために必要な社会的資源の調達

4. 環境政策基礎能力プログラム 修了要件

科目群 必要ポイント
◎科目群 環境問題の世界規模の全体像について、その基礎を学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
□科目群 環境問題が社会にどのような意味を持つかを広範に学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
△科目群 エネルギー、温暖化問題に対する地域事例を通じて学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
※科目群 得た知識から分析、議論を重ね、思考していくことを学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
6科目 12ポイント以上

5. 2015年度以降入学生対象
環境政策基礎能力プログラム(修了要件)◎、□、△、※からそれぞれ1科目以上選択 計6科目
(12ポイント)

科目名 ポイント 開講期
環境政策総論 2ポイント 3
環境経済学 2ポイント 5
環境社会学 2ポイント 5
持続可能な発展概論 2ポイント 4
欧州の環境政策 2ポイント 3
環境エネルギー政策 2ポイント 5(集中)
保全生態学 2ポイント 3
温暖化防止政策 2ポイント 6
「政策実践・探究演習ⅠA」
(2014年度前期・2014年度後期)
「政策実践・探究演習ⅠA(国内)」
(2015年度前期以降)
2ポイント 3-4
「政策実践・探究演習ⅠB(国内)」 2ポイント 4-5
「政策実践・探究演習ⅡA(国内)」 2ポイント 5-6
「政策実践・探究演習ⅡB(国内)」 2ポイント 6-7
「政策実践・探究演習ⅠA(海外)」 2ポイント 3-4
「政策実践・探究演習ⅠB」
(2014年度後期・2015年度前期)
「政策実践・探究演習ⅠB(海外)」
(2015年度後期以降)
2ポイント 4-5
「政策実践・探究演習ⅡA(海外)」 2ポイント 5-6
「政策実践・探究演習ⅡB(海外)」 2ポイント 6-7
「コミュニケーション応用演習Ⅰ」
(2015年度まで)
2ポイント 4
「キャリア・コミュニケーション演習」
(2016年度以降)
2ポイント 4
政策学研究発展演習Ⅲ 2ポイント 6
政策学研究発展演習Ⅳ 2ポイント 7
政策学研究発展演習Ⅴ 2ポイント 8

※2015年度の情報のため、今後開講時期等変更される可能生がある
※不開講科目も含まれるため、各自で確認すること
※4単位科目でもポイント数は2ポイントとする

都市政策基礎能力プログラム

1. 目的:
都市、地域をめぐる、状況、特徴、枠組み、課題やとりくみをとらえる多面的な視覚や知識。政策を実践的に構想する能力の基礎を育て、また課題をめるぐ社会内のコミュニケーションのメカニズムの基礎を学ぶ。
2. 対象:
政策学部2年次生以上、もしくはそれと同等以上の能力があると政策学部が認める者。

3. アウトカム(プログラム修了時に獲得することが期待される能力):

到達目標 知識
(knowledge)
技能
(skills)
職務遂行能力
(competence)
  • 地域社会に関する様々な課題に対応するために必要な知識・技能・実践方法を主体的に選択し実行することができる
  • グローバル化する世界と地域社会の関係に関する理解
  • 対象となる課題群の相互関係の把握と分析
  • 地域における複雑な課題群について、その解決に必要な要素の特定と解決のためのプログラムの提示及び運用
  • 対象となる業務の進行に必要な利害関係者間の調整と協働関係の構築
  • 地域社会における特定の計画やプロジェクト策定への主導
  • 課題の解決のために必要な社会的資源の調達

4. 都市政策基礎能力プログラム 修了要件

科目群 必要ポイント
◎科目群 地域や都市のあり方や構造を見る知識や視角の基礎を学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
□科目群 地域と経済について、その問題性や構造の基礎を学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
△科目群 地域の政策課題とそのとりくみ事例を学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
※科目群 得た知識から分析、議論を重ね、思考していくことを学ぶ。 1科目以上 2ポイント以上
6科目 12ポイント以上

5. 2015年度以降入学生対象
都市政策基礎能力プログラム(修了要件)◎、□、△、※からそれぞれ1科目以上選択 計6科目
(12ポイント)

科目名 ポイント 開講期
地域・都市政策総論 2ポイント 3
都市計画論 2ポイント 3
地域経済学 2ポイント 3
財政学 2ポイント 3
景観・まちなみ保存政策 2ポイント 4
文化・観光政策 2ポイント 4
欧州の地域・都市政策 2ポイント 5
米国の地域・都市政策 2ポイント 5
「政策実践・探究演習ⅠA」
(2014年度前期・2014年度後期)
「政策実践・探究演習ⅠA(国内)」
(2015年度前期以降)
2ポイント 3-4
「政策実践・探究演習ⅠB(国内)」 2ポイント 4-5
「政策実践・探究演習ⅡA(国内)」 2ポイント 5-6
「政策実践・探究演習ⅡB(国内)」 2ポイント 6-7
「政策実践・探究演習ⅠA(海外)」 2ポイント 3-4
「政策実践・探究演習ⅠB」
(2014年度後期・2015年度前期)
「政策実践・探究演習ⅠB(海外)」
(2015年度後期以降)
2ポイント 4-5
「政策実践・探究演習ⅡA(海外)」 2ポイント 5-6
「政策実践・探究演習ⅡB(海外)」 2ポイント 6-7
「コミュニケーション応用演習Ⅰ」
(2015年度まで)
2ポイント 4
「キャリア・コミュニケーション演習」
(2016年度以降)
2ポイント 4
政策学研究発展演習Ⅲ 2ポイント 6
政策学研究発展演習Ⅳ 2ポイント 7
政策学研究発展演習Ⅴ 2ポイント 8

※2015年度の情報のため、今後開講時期等変更される可能生がある
※不開講科目も含まれるため、各自で確認すること
※4単位科目でもポイント数は2ポイントとする

グローカル人材プログラム

1. 目的:
企業とのプロジェクトを実践する前提としての、公共マインド、グローバルマインド、ビジネスマインドを養成する。このため、「地域公共」および「グローバルな課題」に関する視野を幅広く培うとともに、企業人との双方向のやりとりを重ねることで、企業の活動実態や抱えている課題、そしてその社会的意義についての学習者の理解を深める。
2. 対象:
政策学部2年次生以上、もしくはそれと同等以上の能力があると政策学部が認める者

3. アウトカム(プログラム修了時に獲得することが期待される能力):

到達目標 知識
(knowledge)
技能
(skills)
職務遂行能力
(competence)
  • 地域社会の改革や発展のための計画やプログラムの策定を、主体的に実行することができる
  • グローバル化する世界と地域社会の関係を理解している
  • 地域社会における様々な活動と、活動をになう主体との関係の実践的把握
  • 地域における複雑な課題群について、その解決に必要な要素の特定と解決のためのプログラムの提示及び適用ができる
  • 対象となる業務の進行に必要な利害関係者間の調整と協働関係の構築ができる
  • 業務の遂行における管理・運営への補助的な責任を分担することができる

4. グローカル人材プログラム 修了要件

科目群 必要ポイント
◎講義系 公共マインドの基礎とビジネスマインドを養う 1科目以上 2ポイント以上
□ビジネス系 ビジネスの現場を知り、提案力・プレゼンテーション力を磨く 1科目以上 2ポイント以上
△コミュニケーション系 得た知識から分析・議論を重ね、思考していくことを
主体的に学び、企画・実践力を養う
1科目以上 2ポイント以上
※国際系 英語をコミュニケーションツールとして学び、国際ビジネスに
必要な異文化間理解能力や英語による発信能力を高める。
1科目以上 2ポイント以上
6科目 12ポイント以上

5. 2015年度以降入学生対象
グローバル人材プログラム(修了要件)◎、□、△、※からそれぞれ1科目以上選択 計6科目
(12ポイント)

科目名 ポイント 開講期
グローバル・シチズンシップ・エデュケーションA
(公共性・コミュニティ)
2ポイント 2
グローバル・シチズンシップ・エデュケーションB
(民主主義)
2ポイント 3
アジアの地域・都市政策 2ポイント 4
欧州の地域・都市政策 2ポイント 5
米国の地域・都市政策 2ポイント 5
地場産業論 2ポイント 3
国際ビジネス論(2017年度開講) 2ポイント 5
キャリアデザインのための企業研究 2ポイント 4
企業のCSR実践演習 2ポイント 5
コミュニケーション・ワークショップ演習 2ポイント 3
キャリア・コミュニケーション演習 2ポイント 4
政策実践・探究演習ⅠA(海外) 2ポイント 3-4
政策実践・探究演習ⅡA(海外) 2ポイント 5-6
政策実践・探究演習ⅠB(海外) 2ポイント 4-5
政策実践・探究演習ⅡB(海外) 2ポイント 6-7
グローカル・コミュニケーション英語A 2ポイント 5(隔年)
グローカル・コミュニケーション英語B 2ポイント 5(隔年)
政策総合英語A 2ポイント 6(隔年)
政策総合英語B 2ポイント 6(隔年)

※政策実践・探究演習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB(海外)は4単位科目ですが、本プログラムのポイント数は2ポイントとして取り扱います。
※開講期・曜講時・担当者は年度によって変更の可能性があります。

「初級地域公共政策士」資格取得の流れ

  1. 履修説明会に参加する
    • 4月および9月の履修説明会で資格制度の説明を行います。
    • 4月の説明会にて「資格取得意思確認書」を配付します。(2年生以上)
  2. 履修計画を立てる
    • 履修要項や「資格取得意思確認書」に記載されている各プログラムの履修要件を確認し、履修計画を立てます。履修においては事前登録が必要な科目もあるので注意してください。
    • 複数の資格を取得することは可能ですが、アクティブラーニング系科目(資格取得意思確認書にて★がついている科目)については、重なる同一科目を他のプログラムでポイント加算することはできません。
      (その他の科目については、複数のプログラムのポイントに加算できます。)
  3. 「資格取得意思確認書」を提出する
    • 必要事項を記入し、前期の履修辞退締切日までに、政策学部教務課に提出します。
    • 2年生以上は毎年提出が必要となります。(資格取得希望者のみ)
    • 履修途中で計画が変更になった際は、次回の「資格取得意思確認書」提出時に変更後の内容を記載して提出してください。(卒年次生については随時提出してください)
    • 「資格取得意思確認書」が提出されていないと資格発行ができませんので、必ず提出してください。
  4. 修了
    • 各プログラムに必要な科目を履修し、必要ポイント数分の単位が修得できたら、資格の発行手続きが可能となります。
  5. 発行手続きをする1(成績証明書の発行)
    • 証明書自動発行機で「成績証明書」(100円/通)を発行し、政策学部教務課の窓口に提出し、受領書を受け取ってください。(複数プログラムの申請を希望する場合、プログラム毎に1通必要となります)※注1
    • 2日後(土日祝を除く)にプログラム名が表記された「成績証明書」を政策学部教務課より発行します
    • プログラム名が表記されていない成績証明書では資格申請ができませんのでご注意ください。
      ※注1
      <成績証明書の発行時期について>
      前期の成績が反映された「成績証明書」 10月上旬
      後期の成績が反映された「成績証明書」  4月上旬
      (但し、卒業生については卒業式当日)
  6. 発行手続きをする2(資格発行申請) 
    • 「初級地域公共政策士申請書」と「成績証明書」を準備してください。
      (申請書はCOLPUのHPからダウンロードしてください。 COLPU
    • 指定口座に資格発行手数料(3,240円/プログラム)を振り込みます。
    • 振込後、「初級地域公共政策士申請書」と「成績証明書」を郵送してください。郵送する際、封筒に 必ず資格申請書在中と朱書きしてください。
  7. 資格取得
    • 後日、申請書に記載されている住所に「資格認定書」が郵送され、資格認定となります。

このページのトップへ戻る