最新情報

社会で活躍中の卒業生をお迎えして、キャリアシンポジウムを開催しました【政策学部】

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年11月24日

基調講演の様子
パネルディスカッションの様子_1
パネルディスカッションの様子_2
パネリストのみなさんと政策学部教員

11月23日(水・祝)に、社会で活躍する龍谷大学卒業生をお招きし、「2016年度政策学部キャリアシンポジウム」を開催しました。

現在、東京でご活躍中の本学卒業生による基調講演では、「学生時代に培ったリーダーシップや粘り強さが社会人になってから役立っている」ことや、学生時代に「もっと勉強しておけばよかった」という後悔、さらに「何に共感して『就社』するのか、何がしたくて『就職』するのかを考えるように」というアドバイス、大学生に求める能力のなかでも「幅広い世代の方々と接することで、ヒューマンスキル(人間力)やコミュニケーション力を磨いておくことが重要だ」とメッセージが送られました。

パネルディスカッションでは、Ryu-SEI GAP(地域の課題を解決するプロジェクト)での経験をもとに起業したこと、在学中に受講したPBL授業(Project Based Learning:課題解決型学習)「政策実践・探究演習」での気づきが公務員採用試験に役立ったこと、グローカル人材フォーラムでの出会いが就職につながったことなど、業種の異なる3人のパネリストのお言葉に、参加者は興味深く耳を傾けました。また、仕事でグローバル化を感じたエピソードについてもお話いただき、大学での学びが社会といかにつながっているのかがうかがえるディスカッションとなりました。
 
参加者からのアンケートでは、授業への取り組み方を見直し、就職活動を見据えた学生生活の過ごし方や心構えを考える機会になったとの感想が多く寄せられました。

本シンポジウムには、政策学部生のみならず、他学部学生や政策学部入学予定の高校生を含め200名近くの参加があり、盛況の内に終了することができました。在学生にとっては身近な先輩の話で参考になったという声が多く、実りのあるシンポジウムとなりました。

参加した学生にとって、今回のシンポジウムが自らの将来を考える機会を得る場となったことを期待しています。
      

 <日時>
  2016年11月23日(水・祝)13:00~15:00

 <会場>
  龍谷大学深草学舎和顔館B201教室
  
 <実施内容>
  ①開会の挨拶
  ②基調講演
  テ ー マ:『チームワークでつくるホスピタリティ』
  ③パネルディスカッション
   テ ー マ:『チーム政策卒業生が語る!~社会で活躍する龍大卒業生はここが違う~』
  パネリスト:武村 幸奈 氏(2015年卒業:株式会社はたけのみかた 代表)
         白井 貴士 氏(2015年卒業:守山市役所)
         松舟 知里 氏(2016年卒業:株式会社ナベル)
  ④閉会の挨拶

一覧ページへ戻る

このページのトップへ戻る