土山 希美枝

土山 希美枝[教授]
専門 / 公共政策、地方自治、政治学

土山先生

メッセージを見る

専門分野の面白さは?

一文でいうと、
「政策は、現在からめざす未来にたどり着くためのシカケ。それを多様なひとが多様に展開しているところ」
もう少し詳しく言うと・・・
私たちは、それぞれ違う理念や価値観や立場や利害を持ち、社会をつくっています。どんな未来をめざすのか、それにはどんなシカケが必要なのか。そこに「あらかじめ分かっている正解」はありません。いろんな意見や事情や情報をぶつけあって、「これ、やってみようか」という合意にたどりつく。成功でも失敗でも、その結果としてちょっと未来が創られていく。そのこもごもが面白いですよね。

なぜその分野をご専門として選ばれたのですか?

生まれ故郷が過疎のまちで、そこを好きなひとがそこで暮らしていくためには何が必要なんだろう、と思ったのが始まりですね。

どのような「政策学部」をつくりたいですか?

政策学部と、政策学部につながる社会を現場に、学生も教員も学ぶ楽しさと深さを共有できる学部。ちょっとやんちゃなとりくみができて、みんなの魅力が発揮できる学部。ですね。


Question!チーム制作をもっと知る

京都のおすすめ

味覚!甘泉堂の水羊羹、鍵膳良房のくずきり、原了郭の黒七味、伏見のふしみやの料理、けんどんやのうどん、味苑の中華。老舗のすき焼き、丸幸水産のたこやき。あと、京都のひとの「トクベツなまち」であるという気概。 多くのお店も強いです。 何かありそうな地名と街並みと空気。

好きな本

とりあえず、中島敦『李陵・山月記』に収録されている「わが西遊記 悟浄嘆異」

好きな映画

大誘拐

好きな言葉(座右の銘)

人生は縁と運とタイミング(それを引き寄せるものがあるとしたら、努力)。


このページのトップへ戻る