最新情報

政策学部イベントスタッフ企画講演会「アニメ×政策~アニメが町を変えられる?~」を開催しました。

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年12月17日

 12月16日(火)、かねてよりご案内しておりました、政策学部イベントスタッフ企画講演会「アニメ×政策~アニメが町を変えられる?~」を開催しました。
 
 
 今年は「true tears」や「花咲くいろは」など数々の人気アニメを制作・輩出している、株式会社ピーエーワークスの専務取締役 菊池宣広 氏を講師としてお招きし、アニメとまちおこしのつながりについてお話をいただきました。

 当日は政策学部生だけでなく、他学部生、社会人の方々も含め多くの方にご来場いただきました。ピーエーワークス社の作品のファンの方も多く、みなさん目を輝かせながら、熱心に菊池氏の講演に耳を傾けられていました。
 また、第2部のパネルディスカッションでは、本学の政策学部生と菊池氏の対談形式で、「アニメが地域を変える」ことなどについて、深尾昌峰准教授のコーディネートのもと、議論が進められました。
 質疑応答も多数寄せられ、来場者の方々も一体となり大変盛り上がった講演会となりました。

 毎年開催しているイベントスタッフ企画講演会では、政策学部の広報活動を行っているイベントスタッフ生が、様々な観点から「政策」にアプローチできるような講演会を自主的に企画し、講師の方をお招きしています。今後も多くの方に「政策」を身近に感じていただけるような企画を開催いたします。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る