最新情報

11/8(土)公開講演会 「工都から成熟都市へ」尼崎市 鄭英柱氏 講演会

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年10月22日

講演会案内
講演会案内

このたび、龍谷大学大学院NPO・地方行政研究コースでは11月8日(土)『工都から成熟都市へ~尼崎市における「都市計画」の転換を事例に~』のテーマで尼崎市都市整備局住宅政策部 住宅整備担当職員の鄭 英柱氏をお招きし公開講演会を開催いたします。

 人口45万を擁する尼崎市は、かつて阪神工業地帯の中核的な工業都市として、日本の高度経済成長を支える都市である一方、公害の都市としても有名でした。21世紀にはいり尼崎市は、かつての「工都」から自然環境や都市美化を重視した成熟都市へと変貌をとげつつあります。その大きな転機になったのが、阪神淡路大震災からの復興でした。
 講演をお願いする鄭 英柱さんは都市計画の側面から「成熟都市・尼崎」という政策目標の実現にむけ、具体的プランの策定・実施を第一線でになわれている尼崎市の職員です。人口減少時代における「公共施設の再編」や尼崎市における「町屋再生」や「商店街活性化」「企業誘致」さらに「老朽化する市営住宅の更新」等々、豊富な経験にもとづく事例を紹介しながら、尼崎市だけでなく、こんにち都市部の自治体が共通にかかえる都市政策の課題を一緒に考える機会にしたいと思います。

 つきましては、下記のとおり開催いたしますので是非ともご参加ください。


◎講師 鄭 英柱 氏(尼崎市都市整備局住宅政策部住宅整備担当職員)

◎テーマ『工都から成熟都市へ
      ~尼崎市における「都市計画」の転換を事例に~』

◎日時:11月8日(土)13:30~15:00

◎会場:龍谷大学深草キャンパス21号館101教室

講演会案内PDF(ファイル形式pdf サイズ282kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る