最新情報

10/8 国際シンポ"現代社会とコミュニケーション研究"開催-様々な職場で必要なコミュニケーション能力とは何かを考える-

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2011年10月6日

 このたび、2011年4月に政策学部・大学院政策学研究科の開設を記念して、「現代社会とコミュニケーション研究―大学における職能教育への模索」をテーマに開設記念国際シンポジウムを開催いたします。
 政策学部および大学院政策学研究科では、激変する時代に立ち向かって未来を拓く人材を育むことを目的とし、社会に対して地域から発想し活動できる人材「地域公共人材」の育成に取り組んでいます。
 社会の問題を解決するためには産官学民が垣根を越えて議論し、協働して課題を解決しなければならず、「地域公共人材」には対話や議論を通して多様な人々を「つなぎ」理解や共感を「ひきだす」コミュニケーション能力が必要とされ、同様に様々な職業にはそれぞれの現場で必要とされるコミュニケーション能力があります。
 本シンポジウムでは、それぞれの職業の現場で必要とされるコミュニケーション能力とは何かについて、コミュニケーション研究の人材育成への活用例を紹介しながら、大学における職能教育への応用について議論いたします。
奮ってご参加いただきますようお願い申しあげます。

○開催日時
  2011年10月8日(土) 13:00~
○テーマ
  現代社会とコミュニケーション研究―大学における職能教育への模索
○開催場所
  龍谷大学深草学舎3号館202教室
○内容
  ・主催者挨拶
  ・基調講演
  ・パネルディスカッション
○メインスピーカー
  ニュージーランド国立ヴィクトリア大学教授 ジャネット・ホームズ 氏
  (Prof. Janet Holmes, Victoria University of Wellington, New Zealand)
  「職場の談話研究プロジェクト(Language in the Workplace Project)について」
   ※逐次通訳付
○パネリスト
  ・関西学院大学法学部 教授  森本郁代 氏
  「裁判官と裁判員のコミュニケーションについて」
  ・南山大学総合政策学部 教授 渡辺義和 氏
  「医療現場のコミュニケーションについて」
  ・龍谷大学政策学部 准教授 村田和代
  「公共政策主体間のコミュニケーションについて」
  ・龍谷大学政策学部 准教授 土山希美枝
  「〈つなぎ・ひきだす〉対話議論能力の開発について」
○参加無料・事前申込不要
○お問い合わせ   龍谷大学 政策学部教務課(斎藤・竹谷)
  〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
  Tel:075-645-2285 Fax:075-645-2101
  E-mail:seisaku@ad.ryukoku.ac.jp

開催案内チラシ(詳細)(ファイル形式pdf サイズ767kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る